「ありがとう」はまほうの言葉

 

 

「おつかれさん。」

 

 僕が、仕事から帰ってきたお母さんにいつも言う言葉です。お父さんはおらず、三人兄弟にいつもおいしいご飯を作ってくれます。だから、毎日、お母さんに言っている言葉があります。それは、

「ありがとう。」

です。お母さんは、その言葉を聞くと、つかれ等さまざまな感情がふきとんでいくようです。

 

 僕は、このようにちょっとしかお母さんを楽にさせてあげられません。だけど、少しでもお母さんを楽にできるのだったら、僕は、本当に、「ありがとう」は、人を笑顔にできるまほうの言葉なんだと思います。

 

 僕は、少ししかお母さんを楽にできません。しかし、一回一回積み重ねていけば、絶対にとても楽になると思います。他にも、洗たくを干してあげたり,部屋のそうじをしてあげたりし、僕もお母さんに、「ありがとう。」といわれる人になりたいです。

(平成29年度「家族の絆」エッセイ 徳島県那賀川モラロジー事務所発行から)

 

<NO. 153 平成30年12月1日発行より>

Please reload

Please reload

最新記事

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round