「笑顔」のちから

【学校のちょっといい話】

 A校長が着任して2ヶ月が過ぎた頃でした。昼休みに4年生のM子とこんな会話をした。

「校長先生っていいよね」

「どうしてだい?」

「だって、校長先生はいつもニコニコしているでしょ。それって、いつも嬉しいことがあるってことでしょ」

「と、とんでもないよ、校長先生の仕事はとても大変で、辛いことばかりだよ」

「じゃあどうしてニコニコしているの?」

「どうしてって、辛くていやなことが多いからニコニコしているんだよ」

「なにそれ、バ〜カみたい」

「M子ちゃん、あなたは勘違いしているよ」

「何が、ですか?」

「M子ちゃんは嬉しいことや楽しい時だけニコニコするということ?」

「誰だってそうでしょ。苦しい時や悲しい時は皆泣きたくなるし、暗い表情になるでしょ。ニコニコなんてできないわよ」

「そこなんだよM子ちゃん、校長先生の言いたいところは!」

といってM子に質問をした。

「苦しい時や悲しい時に暗い表情をすれば、その苦しさや悲しさはなくなるの? 逆でしょう。それを大きくしたり、新たな苦しさや悲しさを呼び込んでしまったりするんだよ。M子ちゃんは『泣きっ面に蜂』という諺を知っているでしょ。それはそのことを言っているんだよ」

「だから、M子ちゃん! 苦しく悲しい時にこそ、笑顔だよ。作り笑いでもいいからニコニコすると気持ちが少し楽になるよ。そしていつもニコニコしているとね、神様は『ああ、この子は、ニコニコが好きなんだ。それならニコニコすることを一杯授けてあげよう』と、苦しいことや悲しいことを消してくれるんだ」

 すると今度はM子が声を荒げて言った。「お正月にやったかるたで『笑う門に福来る』があることを思い出した!」

 夏休みを控えた、ある暑い日にM子の母親が校長室を訪れた。娘が最近明るくなったという。

 先日も些細なことで夫婦喧嘩をしてしまったが、娘が「ママ怖い顔! こんな時こそ、笑顔だよ」と真顔で訴えたという。(Y)

<NO. 150 平成30年3月1日発行より>

最新記事

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round