1 道徳科の幕開け
 「特別の教科」となる道徳科では、次期学習指導要領の全面改訂に先駆けて、問題解決的な学習に代表されるアクティブ・ラーニングを積極的に導入することになる。この点を文部科学省では、「読み取る道徳」から「考え議論する道徳」への質的転換と銘打っている。

 

 本稿では、この考え議論する問題解決的な道徳授業のあり方を検討することにしたい。その際、モラロジーの発想を生かした指導法の可能性についても吟味したい。

 

2 道徳科の基本方針
 これまで我が国で道徳授業と言えば、登場人物の心情を読み取らせ、道徳的価値の自覚を促す形式が多かった。こうした授業では、子供が既に分かりきったことを言わせたり書かせたりする傾向が強かった。そのため、子供の実生活を改善することにつながらず、実効性のないことが批判されてきた。

 

 また、これからの道徳授業では、深刻化するいじめ問題をはじめ、規範意識や自尊感情の低下、人間関係の希薄化、情報モラルや生命倫理などの今日的問題にも対応していかなければならない。
 

 こうした子供を取り巻く現実的な諸問題に対応するため、道徳教育では、子供が「自己の生き方」や「人間としての生き方」について考え議論しながら、主体的に考え判断し、実際に行動できるようにすることを目指している。
 

 こうした道徳教育は、単なる道徳的価値内容(例えば、親切や正義など)を知識として子供に教え込むだけでは十分ではない。子供たちが実際に道徳的問題に向き合い、道徳的諸価値の理解をもとに主体的に考え判断し、有意義に解決することが大事になる。さらに、こうした道徳的価値観を身に付けて、実際の生活において行動し、習慣化する経験を積み重ねることも必要になる。
 

 こうした現実場面で生きて働く道徳性を養うためには、道徳教育の要となる道徳科の指導法を創意工夫することが求められる。
 

 以上の点を踏まえて、新しい道徳科の目標では、道徳的諸価値の理解を基に、現実的な道徳的問題と向き合い、自己を見つめ、物事を多面的・多角的に考え、自己の生き方や人間としての生き方についての考えを深める学習を通して、道徳的な判断力、心情、実践意欲、態度を育てることになった。
 

 こうした現実の道徳的問題を解決できる資質・能力(コンピテンシー)としての道徳性を育成することが大事になるのである。
 

 モラロジーを提唱した廣池千九郎も、形式的な道徳的知識の習得だけでなく、「よりよく生きるための指針」を追究することが大事であると主張している。子供たちがよりよく生き、真に幸福になるために役立つ道徳授業こそが今、求められているのである。

 

3 問題解決的な学習の導入
 道徳科における問題解決的な学習とは、子供自身が道徳的問題に向き合い、どうしたらよいかを主体的に考え判断し、具体的な解決策を検討するようなスタイルで行われる。

 

 例えば、道徳的問題を具体的に示した後で、まず「何が問題になっているか」を把握していく。こうして問題状況を共通理解できたら、次に「登場人物はどうしたらよいか」、「自分ならどうするか」について多面的・多角的に考え、主体的に判断することになる。
 

 こうした問題解決的な学習では、答えが一つではない道徳上の問題でも、子供たちが真摯に向き合い、考え議論し合うことになる。
 

 例えば、寛大な心をもって他人の過ちを許す立場と、法やきまりへの放縦で自分勝手な反発を許さない立場とで対立している問題を話し合う。こうした対立軸を明確にして、互いに納得し合えるような最善解を探究することが大事になる。
 

 廣池千九郎は、こうした問題を解決する際に、「自分よし、相手よし、第三者よし」という多角的かつ総合的な考え方をするよう勧めている。子供たちが道徳的な問題に向き合う際にも、この「三方よし」の考え方を抱いて解決できるようになることが有意義になる。複雑な利害関係でも皆が幸福になれる「第三の解決策」を追求することが肝要である。
 

 こうした問題解決的な学習では、単に自分の意見を言い合うだけでなく、道徳的諸価値に関する知識や技能を謙虚に学び習得することも大事になる。先人や偉人の叡智や格言から問題解決のヒントや人生の生き方について学ぶべきところは大きい。この点では、モラロジーのように古今東西の諸聖人に共通する質の高い「最高道徳」を追究し続ける姿勢が大事になる。
 

 また、問題解決の話し合いでは、子供同士が互いに意見を尊重し合い、協働してよりよい解決策を探究し合うことも重要である。こうした考えは、他者との対人関係を良好にすると共に、集団や社会の諸問題を協働して解決することにも役立つ。こうした資質・能力は、公徳心を養い、民主的な社会を発展させることにもつながるだろう。
 

 こうして養われた道徳性は、授業後の日常生活でも活用できる。正義や慈愛など複数の道徳的諸価値を理解しながらバランスよく問題解決する経験は、学校・家庭・社会での現実生活をよりよくする上でも有効である。

 

4 道徳科の学問的基盤
 以上で見てきたように、道徳科では、問題解決的な学習を取り入れることで、授業の抜本的な改善・充実が見込まれる。

 

 こうした道徳科の新しい指導法は、モラロジーの学問的発想とも共通するところが多い。そこで、道徳授業も教科となるのであれば、学問的な基盤をしっかり固める必要がある。特に、道徳的な問題を解決するための普遍的な原理・原則を確立し、子供たちが計画的・系統的に学習できるように構成すべきである。
 

 また、道徳科では評価も導入されるため、信頼し得る妥当な指導を行う必要がある。そのためには、各授業が子供のよりよき生き方を高める上でどれほど効果的かを実証する研究も必要となる。
 

 こうした道徳授業のあり方を連携・協力して開発・実践し、全国的に共有・普及していきたい。そうした試みこそが、子供たちの道徳的成長と社会の倫理的発展に繋がるであろう。
<NO. 145 平成28年12月1日発行より>

Please reload

Please reload

最新記事

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round