道徳授業と評価について

1.道徳科における評価の在り方について
 道徳科の評価について学習指導要領「第1章 総則」には、「児童(生徒)のよい点や進歩の状況などを積極的に評価するとともに、指導過程や成果を評価し、指導の改善を行い、学習意欲の向上に活かすようにすること」と記述されている。

 

 さらに、評価の具体的な在り方については、「道徳科の評価の在り方に関する専門家会議」で検討され、次のような基本的な方向が示された。
 

○数値による評価ではなく、記述式であること。
○個々の内容項目ごとではなく、大くくりなまとまりを踏まえた評価を行うこと。
○他の児童生徒との比較による相対評価ではなく、児童生徒がいかに成長したかを積極的に受け止めて励ます個人内評価として行うこと。
○学習活動において児童生徒がより多面的・多角的な見方へ発展しているか、道徳的価値の理解を自分自身との関わりの中で深めているかといった視点を重視すること。
○調査書に記載せず、入学者選抜の合否判定に活用することのないようにする必要があること。

 

 このように道徳科における評価の在り方は、児童生徒の側から見れば、自らの成長を実感し、意欲の向上につなげていくもの、教師の側から見れば、教師が目標や計画、指導方法の改善・充実に取り組むための資料となることが求められている。

 

2.道徳性の理解と評価の方向性
 今回、道徳の教科化にあたって、個人内の成長過程を評価することや、数値によって不用意に評価してはいけないことが示されたが、そもそも道徳性とは人間としてよりよく生きようとする傾向性であり、道徳的判断力や道徳的心情、道徳的実践意欲及び態度の内面的資質である。このような道徳性が養われたか否かは、安易に判断できるものではない。道徳科の指導における評価の基本的な態度としては、教師の確かな指導観と一単位時間の明確な指導計画に基づき、道徳科の学習活動における児童生徒の具体的な取り組み状況を一定のまとまりの中で適切に把握し、評価することが大切である。

 

3.道徳科における評価の実際
(1)学習過程における評価
 道徳性を養うことを学習活動として行う道徳科の指導では、その学習状況を適切に把握しなければならない。その際、学習指導過程に関する指導を振り返ることが重要である。指導と評価の一体化という視点からすれば、教師の明確な指導観に基づく授業でなければ児童生徒の道徳性を養うことはできない。授業を振り返る視点としては次のようなものが考えられる。

 

○ねらいとする道徳的価値の理解を深めることができていたか。
○自己を見つめ、自己の生き方についての考えを深めていたか。
○発問に対して、児童生徒が多面的・多角的に考えていたか。
○児童生徒の発言を傾聴して受け止め、適切に指導に生かしていたか。
○特に配慮を要する児童生徒に適切に対応していたか。

 

(2)指導の諸方法の評価
 指導方法の評価の観点は学習指導要領解説に、次のように示されている。

 

○ねらいを達成するために適切であったか。
○多面的・多角的な思考を促すために適切であったか。
○自分との関わりで考えさせるために教材・教具は適切であったか。
○道徳的価値の理解を深めるための方法は実態や発達段階にふさわしいものであったか。
○自分との関わりで考え、自己の生き方についての考えを深められるものであったか。

 

(3)評価の工夫に関する実際
 学習過程や指導方法を評価するにはこのような観点が必要であるが、実際に児童生徒の学習状況を把握するにはどのような工夫が考えられるか。専門会議では次のような例が出されている。

 

○児童生徒の学習の過程や成果などの記録を計画的にファイル等に集積する。
○授業時間に発話される記録や記述などを児童生徒自身のエピソードとして集積する。
○教員同士が互いに授業を交換して見合うなど、チームとして取り組む。
○評価の観点や方法、評価のために集める資料などについて学年内、学校内で共通理解を持っておく。
○スピーチや問題解決の実演の過程などを通じて学習状況や成長の様子を把握する。
○年間35単位時間の授業という長い期間の中で、それぞれの児童生徒の変容を見取る。

 

 このように具体的な方法としては、授業観察や会話、作文やノートなどの記述、質問紙・面接などを通して、多面的・多角的な見方に広がっているか、道徳的価値の理解の深まりが見られるかなどを見取っていく必要がある。
 

 また、学期始めや学期の終わりの節目の時に、学年で共通する質問紙を作成して、児童生徒が自分の成長について振り返ることもできる。評価の妥当性や信頼性を高める先進的取り組みとして複数の教師が同じ種類の評価資料を持ち寄って検討し、評価の調整を図っているところもある。
 

 いずれにしても、道徳科の評価は一回きりの授業ではなく、長期的なスパンで子供の成長を見取る個人内評価が望ましい。道徳科における児童生徒の道徳性に係る成長の様子に関する評価については、慎重かつ計画的に取り組むことが求められている。
 

 学校は校長や道徳教育推進教師によるリーダーシップを発揮して、資料や評価方法を明確にしたり、評価の視点を学年内、学校内で共通理解できるようにしたい。
 

 また、保護者や地域に広く授業を公開し、道徳科の評価に関する説明を行うとともに、保護者と学習状況を共有化するなどして、理解を深めることも大切である。

 

4.結びに
 ここまで道徳科の評価について述べてきたが、こうした取り組みが実効性を上げるには何と言っても、教師と児童生徒の信頼関係と人格的な触れ合いが大切である。

 

 教師が受け持ちの児童生徒の成長を見守り、努力する姿を認めたり励ましたりすることを心がけ、児童生徒の一番の理解者となれるよう努めてほしい。
 

 そうすれば子供たちは自分の成長を実感し、さらに意欲的に取り組むようになると信じている。
<NO. 148 平成29年8月1日発行より>

Please reload

Please reload

最新記事

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round