母の愛と子の夢

【学校のちょっといい話】

 

1、一枚の写真と二枚のDVDの贈り物

 「桜の季節から若葉芽生える頃となりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。先日はTに素敵な卒業のお祝いをいただき、ありがとうございました。Tの部屋に飾らせていただいております」

 

 一枚の写真と二枚のDVDと共に届いた、ある母の手紙です。

 「4月5日に入学式を無事済ませ、大学の授業も始まり、少しずつですが、新しい環境、生活に慣れてきたようです。特別支援学校の手厚い保護のもと六年間を過ごしてきて、どの様に大学での生活が送れるのか心配と期待で胸いっぱいだったのですが、声をかけてくれたり、LINEを交換したりする仲間も出来たようで、親としてもひとまずほっとしているこの頃です」

 

 写真には電動車椅子のT君と、小学校からずっと同級だったMさんが桜美林大学の前で一緒に写っていました。にこやかに・・・・・・。

 「Tは教職課程をとって、中学の英語の教師になりたいという夢をもっています。(できれば特別支援学校の)。それはTが小学校、中学校、高等学校と自分の生き方、考え方に大きな影響を与えてくれた先生に出会えたこと、かけがえのない友だちに出会えたことが理由です。先生には小学校の六年間いつも見守り支えていただき、心から感謝しております」

 

 DVDには各々「中学校」「高校三年間」と記されていました。

 「Tが仲間のためにつくったDVDを、是非先生に見ていただきたくお送りしました。特別支援学校で過ごした六年間を知っていただけたら・・・と思っています」

 

 彼が編集した二枚のDVDには、町田の丘学園の仲間と先生方との幸せな日々や努力の様子が詰まっています。このプレゼントのおかげで私も画像一枚一枚を観ながら六年間をともに味わい、胸が熱くなりました。

 

2、T君の小学一年生の思い出

 12年前、私が勤務していた町田市の小学校に母から電話があったのは彼が一年生の夏休みでした。

 

 「私の息子のことでお願いがあります。今、私たち親子は区内に住んでいますが、肢体不自由学級がある校長先生の学校に転校したいのです。学区の小学校に入学後、息子がよく転ぶので病院で検査したら『進行性筋ジストロフィーのデュシャンヌ型』という診断でした・・・・・・。大変ショックでした。子供に申し訳なくて・・・・・・」(涙声です)

 

 「お母さんも辛かったでしょうね。お子さんは病名をご存知なのですか?」

 

 「迷いました。でも、私の責任で話してきかせました。このことが原因でショックを受けた主人が「うちの血筋にはそんな遺伝子はない」と言い、家に帰らない日が多くなり、今は私一人でこの子を育てようと思います。これから、どんどん症状が進むと思いますが、今はまだゆっくりなら歩けます。みんなと同じように頑張りたいと本人は思っています。ですから、本当に危ない状況になったら肢体不自由学級に移り、それまで、できる限り通常の学級で過ごさせてやりたいのです。人がぶつかって来たり、階段を上ったりする時は、確かに危険です。自分で支えきれないこともあると思います。でも、責任は私がもちます。決して学校を責めたりしません」

 

 お母さんの必死の覚悟と愛情が伝わりました。しかし、当時、本校は課題の多い学校でしたので親子に実際に来て判断してもらうことにしました。T君は口数は多くないながら、きらきらとした眼でハキハキと答え、礼儀正しく、他の手本になりそうです。

 

 私が正直に実情を伝えても、お母さんは動じません。母の愛に深く感動し、たとえ困難でも願いをかなえたいと思いました。

 

 「困難があるおかげでうちの先生方は団結しています。前を向いて行きましょう」

 

3、卒業式の思い出

 毎年担任が替わっても、彼は学校チームの中で生き生きと学び、遊び、喧嘩し、感動し、働きました。担任はもちろん、担任外の教職員特に肢体不自由学級の教員や専属の理学療法士・作業療法士も通常学級在籍の彼を支援してくれます。また、彼も、自分の学級だけでなく、肢体不自由学級の仲間に自分から関わりました。

 

 卒業式には、フロアから壇上に長さ12メートルのスロープを設置しました。そこを、卒業生全員が花道にして上り、証書を授与されました。T君も本校の一員としての誇りをもって電動車椅子でのぼりました。そして地元の中学校長や級友の予想と異なり、自分の意思で特別支援学校への進学を決めたのです。

 

 彼は自分のすべきことは精一杯努力し、本校の子どもたちも周囲の大人も沢山の学びとやさしさをいただきました。できないことは、助け合うのが当たり前、困難でも夢をもって努力を続けると願いはかなうと・・・・・・。

 

 「断えず向上して終身努力す」(廣池千九郎著『道徳科学の論文』より)

<NO. 143 平成28年6月1日発行より>

Please reload

Please reload

最新記事

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round