季刊誌『モラロジー道徳教育』に掲載された現場からの報告集です。

 2019年2月25日(月)に江戸川ニューモラル教育研究会が西小岩コミュニティにて開催されました。 その中で、道徳科の評価について発表をさせていただきました。各校で活用していただければ幸いです。

1 はじめに
 道徳科元年の年に、私は麗澤大学大学院に新設された道徳教育専攻科で学びの機会を得ています。研究テーマは「児童生徒の道徳性の発達を促す指導と評価の在り方について」であり、副題として「認め、励ます個人内評価を通して」としました。本稿...

1 生まれた疑問
 前回は構造的な板書を生かし児童の問題解決的な思考を助ける展開例について紹介した。
 道徳が教科化され、小学校の量的確保は確実に進んでいると感じている。また、指導すべき内容が明確になり、ブレない授業が行われるようになってきた。
 私も、この1年間、主題を提示し、早い段階で共通の問題意識を持って取り組むことのできる授業づくりを模索してきた。
 年間指導計画に沿って計画的に授業を進めるにあたり、教科書に示された主題名を...

1 その背景と思い
 毎日の食事の三度三度に、どの家でも、どの教室でも、みんな言っている「戴(いただ)きます」と「御馳走様(ごちそうさま)」という言葉には、どんな意味が込められているのだろうか。誰でもが言い親しんでいる言葉だが、意外にその意味は知られていない。
 この授業によって、日本の伝統的な言語文化の素晴らしさと奥深さを理解させたい。それは、単に言語文化の理解に留まらず、日本人の根本的な食文化に対する考え方や心の持ち方にまで思い...

 平成30年度から道徳が教科化されることを踏まえ、平成7年度から継続実践することで、深化・発展させた道徳の実践を検証し論文にまとめました。 
 その結果、平成28年度上廣道徳教育優秀賞を受賞。平成30年度東海三県道徳教育研修会で発表、概略を紹介します。

Ⅰ 研究の構想と構造
1 主題の解釈
○「心みつけのノート」は、その子と家族の成長の足跡であり、道徳の時間を核として、学校行事などの節目に見つけた心を記録するノートである。また、答えが...

1.板書を構造化する

 道徳科がスタートし、多様な授業を参観し、多くの先生方と学んでくることができた。その中で「板書の構造化」が話題になることも多かった。そこで、今回は問題解決的な思考を助ける構造的な板書を工夫した展開例を紹介してみたい。

2.授業の実際
教材名 「心のレシーブ」
出 典 東京書籍 5年
ねらい
 友達と互いに信頼し助け合って友情を深め、性差を超えて有効な人間関係を築いていこうとする心情を育てる。

○教材について
 本教材は...

Please reload

​このサイトについて

このサイトは公益財団法人モラロジー研究所の道徳教育支援活動に関する情報を提供しています。

最新の記事
Please reload

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round